チームの要!プロマネの存在!

プロジェクトを成功へ導くキーパーソン

プロジェクトマネージャーの役割

クライアントからシステム開発会社へと開発の依頼が訪れた時、プロジェクトマネージャーが前面に立って活躍する場面がある。
クライアントは、業務を代行してくれるシステムを必要とする。
しかしクライアントは、漠然としたイメージの希望を持つだけで、具体的にどのようなシステムが必要であるかを知らない。
プロジェクトマネージャーは、クライアントとのやり取りの中で、次第にどのような情報処理システムが必要であるかを明らかにしていく。
システムの全体を設計し、開発プロジェクトを立ち上げる役割を持つ。
プロジェクトを開始するに当たり、予算やスタッフの配置などを考える必要がある。
人材の育成を行わなければならない場合も出てくる。

また開発に必要となる期間についても、十分な検討を必要とする。
クライアントからの要望により、できるだけ短期間で開発を完了させなければならない場合もある。
プロジェクトマネージャーは限られた条件のなかで、最適な解答を導き出す。
実際には、当初思い描いていた計画スケジュール通りには行かず、開発途上で多くのトラブルに遭遇する。
そのような問題に直面しながらも、マネージャーはクライアントに情報処理システムを提供するため、調整を行わなければならない。
さらに、システムが開発しクライアントに引き渡してからも、アフターサポートやスタッフ人材育成の業務が続く。
マネージャーが立ち上げた開発のプロジェクトは、システムが無事に完成した後のサポートも引き受けるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です